東京に住んでいるなら貸し倉庫を有効に活用を

subpage1

東京は地価が高いので、必然的に家賃も高くなると考えて良いでしょう。


家賃を払って暮らしているのなら、家賃を支払っている分の効果について客観的になってみるのも良いでしょう。

自分が入居している賃貸住宅の家賃と、使用できる延床面積を比較します。



極端な言い方をすれば、一平方メートルあたりに支払っている金額が分かります。



貸し倉庫を有効に活用すれば、家賃よりも安く、使用できる床面積を確保できるようになります。入居している賃貸住宅で、所有品が多くなってきたと感じたら、所有品が占有している面積や容積を把握してみましょう。
東京では貸し倉庫の供給も豊富です。
賃貸住宅を生活空間にして、貸し倉庫を収納スペースにすれば、有効的な使い分けになります。


東京は交通網が充実していますので、自宅から徒歩でも通える範囲内が便利です。



収納品の出し入れに、できるだけ交通費を掛けずに済むようにしておくと経済的にお得に感じられるようになります。

徒歩で通える範囲に貸し倉庫があれば、深夜や早朝のように電車を利用できない時間帯でも出かけられるメリットがあります。

クローゼット一個分の衣装であっても、賃貸住宅に入居して所有していれば、維持コストが掛かっていると認識して良いでしょう。

生活空間の自宅は、湿気対策や防虫対策を怠ってしまうと、カビが発生したり、衛生害虫が繁殖してしまう場合があります。


貸し倉庫は生活空間でないので、湿気対策や防虫対策をしやすいのもポイントです。