東京で作業場として貸し倉庫を利用する

subpage1

東京は土地の価格が高く、広い面積を確保するのは容易ではありません。

作業場として広い面積を必要とする場合は、事業用物件の建物だけでなく、貸し倉庫にも注目しましょう。東京では作業場としても使用できる貸し倉庫があります。

立地条件は、やや都心から離れている場合も多いのですが、広い床面積を確保できるのが魅力です。貸し倉庫は天井が高く施工されている場合も多く、重機を搬入しやすいのも魅力です。

作業場としても利用できる貸し倉庫は、用途地域が準工業の土地に立地している場合が多いです。

用途地域が準工業の場合は、賃料が高く感じられる場合も多いのですが、用途地域が住居専用地域や準住居地域のように騒音対策が厳しく制限されていませんので、幅広い内容の作業に対応できます。
作業場としても使用できる貸し倉庫は、東京に住みながら快適な製作活動を展開したいと考えている工場やアトリエにも最適です。



構造の材質も鉄骨作りが多いので、耐久性も備わっています。



忘れずにチェックしたいのは、駐車場スペースの確保です。

作業場として使用できる倉庫は、倉庫の建物内に駐車できる場合も多いので、大型車両や特殊車両などでも安心して搬入できます。



作業に当たっては、どれくらいの電気を必要とするのかも把握しておくと良いでしょう。

電気の契約アンペア数が不足する場合もありますので、自分で発電機を持ち込む場合も含めて、契約前に確認するように心がけましょう。